留学体験談

写真家×旅人 Akinobu Iwataさん

このエントリーをはてなブックマークに追加

31920_385883738185852_1738457173_nAkinobu Iwataさん

1988年1月12日生まれ。京都育ち。写真家×旅人。

世界中を旅して、そこで見た景色や聞いた言葉を写真を通じて表現し、自身のWebサイトAKINOBU IWATA Japanese Gypsyを通じて世界へ発信しています。

オーストラリアのブリスベンやカナダのトロントにてワーキングホリデー制度を利用して、旅人としてだけでなく、移住者としての海外も経験しています。

旅をした国々やワーキングホリデーでのオーストラリアやトロント、ボランティアを行った東北地方など各地で人との繋がりを大切にし、いろいろな人から刺激を受け、成長し、現在に至ります。

✔ Next Stepより

今回は、海外で得た豊富な経験をこれから海外生活を始める皆さんに伝えて頂き、海外生活をより良いものにして、特別な何かを手に入れて日本に帰ってもらえるように企画いたしました。海外生活経験者、ワーキングホリデー経験者としてお話をお伺いしました。

 

 

海外に出ようとしたきっかけ1

私は高校を卒業後、数寄屋大工の棟梁の元に弟子入りし 五年間の見習い期間を終え転職を考えました。

当時、やり遂げた大きな達成感と同時に「いや、逃げながらまぐれでできた」という疑心の両方あり別の分野で自分がどこまでできるのかを試したい気持ちになりました。

しかし、日本で自分のやりたいことが明確でないうちに 日本ではなく海外に出れば、現状より不利な状況で物事に挑戦できるのではないかという経緯で決断に至りました。

そして、どうせ行くなら長期滞在をしないと意味がないという思いと 見聞を広げる為、幼い頃から習っていた 空手の道場生である友人が移住した、 オーストラリアのWORKING HOLIDAY VISAを取得し渡豪しました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA海外での経験・感じたこと

私の海外生活は、言葉もままならない状況で語学学校には一切行かず 入国して仕事を探し、選ぶ程の器量もなく、 たったひとつ『FARM JOB』から始まりました。

経済的にもそしてオーストラリアのWORKING HOLIDAY VISAの2nd VISAへの条件もあり、その道しかありませんでした。

そこで、たくさんの異国の友人との生活、活きた英語の吸収、 良い事だけでなく窃盗被害や詐欺、失職するめに遭うこともありました。

5ヶ月の田舎暮らしを終えブリスベンという街に移動し 2ヶ月の無職カラカラ生活が続きました。しかし、そこでも親切な友人と出会い、彼の支えによりローカル(日系等ではなくオーストラリア人経営)の 仕事にたどり着けました。「CAR WASH」という主に洗車やワックスがけなど車をキレイにする仕事です。

1ヶ月にAU$4000の給料を頂いていたので他国に2週間単位で旅行に行く事も年に5回以上ありました。 そうして私の2年間のオーストラリア生活は終え2年ぶりに日本に帰国しました。

言葉も文化も夢も家族も全部大事ですが「今」しかできない事への価値と「他人」との「違い」を認め合うことの重大さ。 これらのことが渡豪前とでは遥かに凌駕し、学習できた事だと思います。

そして何より「他力本願」。これは良い意味で使われることは少ないですが 本来はみんな人の手を借りてもちつもたれつ活きているという意味です。 そこへの感謝を一番に感じました。

 

現在の活動3

日本に帰国後、NY、カナダに短期滞在(WORKING HOLIDAY VISAを利用しトロントへ来るも諸事情があり、短期滞在へ変更)。 その年にはもう日本にいました。

2011.3.11に起きた震災直後に一度、そしてオーストラリアから帰国した直後に一度、宮城県石巻市と女川町へボランティアに行きました。

そこでも人との繋がりに 感銘を受け、これまで自分の好き勝手やってきた過去を乾坤一擲し 今後は何か人の為に役立つ職に就くことを目標に設定し、看護師の国家資格取得の為、日々奮闘中。

 

4海外へ渡航を考えている皆さんへ

日本に生まれ日本のパスポートを手にしているからこそ入国できる国が多く、一昔前よりも遥かに渡航し易くなっています。

日本も素晴らしい国です。しかし、その素晴らしさは海外に自ら足を運び 経験し、触れ合い、外から日本を見ることで更に倍増します。

海外生活は、決して楽しいことばかりではありません。 遊んで暮らせるわけでもありません。 むしろ、日本よりも人権、差別、国と国の因縁、不便や不自由を感じる事多く、それらと並走しながら見たモノや聞いた言葉、経験すべて自分のモノです。

日本では味わえない境遇に身を置く事で深みのある人生になり、また、多くの人を魅了することができると信じています。

 

Next Stepよりメッセージ5

Akinobuさんは、学校に行かず、英語力を養い、英語環境の仕事を見つけました。それは、人との繋がりを大切にし、自ら行動を起こした結果だと思います。

これから渡航される皆さんは、目標がある人や夢を見つけに来る人など様々だと思いますが、自分を信じて積極的に行動して、自分だけのスペシャルな経験を手に入れてもらいたいと思います。

また、その時に出会う人や経験したことは、一生の宝物になると信じています。   Next Stepより

 

AKI WEBサイトAkinobu IwataさんWebサイトのご紹介

Akinobuさんの経験や肌で感じたことが写真に詰まっています。

オーストラリアをはじめ、トロントやアジア諸国、オセアニア、アメリカなど、各地で旅をして、見たもの、感じたものを写真を通じて表現されています。

海外に興味がある方、写真に興味がある方は、是非、AkinobuさんのWebサイトをチェックしてください。

 

留学体験談一覧へ戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク