留学準備

カナダのビザ - 選び方と取得方法

最終更新日:2015/08/04

このエントリーをはてなブックマークに追加

トロントをはじめ、カナダへは様々なビザを取得して渡航することができます。

このページでは、それぞれのビザの特徴をまとめました。

ビザの種類

ビジター

ビジタービザは、日本人の場合、免除されており、入国時のスタンプの日付より最大6か月間カナダに滞在することができます。

就労は、無給有給を問わずできません。

就学は、6か月以内であれば通うことができます。

入国時に帰りの航空券や残高証明書など滞在費用の証明を求められる場合があります。

学生ビザ

語学学校などにフルタイムで6か月以上就学をする場合は、必ず就学許可書(Study Permit)の取得が必要です。

語学学校に通う場合は、就労はできません。

オンラインでの申請が可能です。

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザは、カナダで最長12ヶ月 休暇を過ごすことを本来の目的とする人が対象です。

6か月以下の就学が可能で、入国日から1年間の就労許可(Open Work Permit)を取得することができます。

参加資格は、申請書受理時に年齢が18歳以上、30歳以下であること、カナダのワーキングホリデーに初めて参加することなどです。

※CICのWebサイト上で4月23日(木)にカナダ・ワーキングホリデーの申請が始まるというアナウンスがありました。詳しくは、ブログ記事「【重要】2015年のカナダ・ワーキングホリデーが始まります。」を参考にしてください。

また、カナダ・ワーキングホリデーの詳細については、「カナダ・ワーキングホリデーの基礎知識と出発までの手順」を参考にしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

このページへのご質問、コメントは、Facebookおよび、Twitterより受け付けております。

Facebook

※ご質問の場合は@Next.Step.Caをタグ付けしてコメントしてください。

Twitter

※ご質問の場合は@Next_Step_CAと該当ページのURLを付けたままツイートしてください。