留学準備

留学・ワーホリで必要な持ち物と要らない物

最終更新日:2015/04/17

このエントリーをはてなブックマークに追加

留学・ワーキングホリデーに何を持って行きますか?

長い間日本にいないから準備が大変です。

あれもこれも、考えただけで何を持って行けば良いか迷ってしまいますよね。

荷物が多いと移動も大変ですし、トロントで買える物もたくさんあるので、必要な物だけ持って行きましょう。

・スーツケースの中身

航空会社によってスーツケースの重量制限があり、その制限を超えると追加料金がかかる場合があるので気をつけましょう。

✔ 衣類

トロントでいくらでも買えるので、1週間分くらいで大丈夫です。

※衣類は圧縮袋で圧縮するとスーツケースがかさばらず便利です。

✔ 靴

冬用のブーツや防水性の靴はトロントの方が多く、種類があるので、それ以外の靴を持参すると荷物が減ります。

✔ 医薬品

頭痛薬など、普段使い慣れている薬を持参しましょう。

・手持ちバックの中身

手持ちバックには、貴重品や電子機器などスーツケースに入れられないものを中心に入れましょう。
万が一のロストバゲージに備えて、着替えを1日分入れておくことも忘れずに。

✔ ノートパソコン

学校の宿題、履歴書の作成に使うので持って行きましょう。

✔ 電子辞書

知らない単語は辞書を引き、ボキャブラリーを増やしましょう。

スマートフォンの辞書アプリで代用することも可能です。

✔ 1回分の着替え

万が一のロストバケージに備えましょう。

✔ 手帳・筆記用具


何か起こった時のために手帳に学校、宿泊先、エージェントなどの緊急連絡先を控えておきましょう。

・手持ちバックの中身 ― ポーチ

入国審査など空港内で必要な物は、ポーチに入れてすぐに出せるようにしましょう。

✔ パスポート


無くさないようにしっかりとしまっておきましょう。

✔ ビザの控え

入国時に必ず必要になるので忘れずに持参しましょう。

✔ 往復の航空券

入国時に提示を求められる場合があるので持参しましょう。

✔ 残高証明書

入国時に提示を求められる場合があるので持参しましょう。

✔ スマートフォン

便利なアプリをダウンロードして持って行きましょう。

・あると便利な物

必要ないと思いがちですが、意外に必要となるものを紹介します

✔ スーツ

現地企業で働く時やパーティーへ行く時など、フォーマルな服を1着持っていると便利です。

✔ 折り畳み式バック

どこかへ遠出する時や大きめのバックがいる時、帰国の際に荷物が増えてしまった時などに活躍します。

✔ 洗濯ネット

カナダの洗濯機は強力なので生地の傷みや縮みに気をつけましょう。

・女性にオススメの持ち物

女性にオススメの持ち物を紹介します。

✔ 化粧品

トロントでも手に入りますが、自分の肌に合った物を使いましょう。

また、液体は機内に持ち込めないので、スーツケースの中に入れて持って行きましょう。

✔ 入浴剤

トロントでは入浴剤は手に入りにくいので小分けで売っている入浴剤を買いましょう。

✔ 生理用品

トロントでも買えますが、日本製の方がしっかりしています。

・持って行きがちで実は要らないもの

カナダでも買えるものや持って行っても使えないものもあるので注意しましょう。

✔ ノート・ルーズリーフ

カナダでもノートやルーズリーフは買えるため、大量に持って行くのはやめましょう。ルーズリーフは日本の物と穴の数や大きさなど規格が違うので使いにくいです。

✔ 風邪薬

カナダのウイルスは日本のウイルスと違うため、日本の風邪薬はあまり効果がありません。

✔ 大量の服

服はトロントでも手に入ります。重たくなるので、あれもこれもと考えず、必要な分だけ持参しましょう。

関連ページ

留学・ワーホリの持ち物一覧とチェックリスト

持ち物の一覧とチェックリストです。縦鼻の際に有効活用してください。

おすすめのノートパソコン・タブレット7選

留学・ワーキングホリデーに欠かせないパソコン。おすすめを紹介しています。

おすすめの電子辞書7選

最近はスマホアプリも普及して徐々に使う人は減っていますが、海外生活を送るならあれば便利です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

このページへのご質問、コメントは、Facebookおよび、Twitterより受け付けております。

Facebook

※ご質問の場合は@Next.Step.Caをタグ付けしてコメントしてください。

Twitter

※ご質問の場合は@Next_Step_CAと該当ページのURLを付けたままツイートしてください。