留学準備

ワーホリ必見!!書類選考に通過するレジュメ(英文履歴書)の書き方・作り方

最終更新日:2015/08/23

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワーキングホリデーなど、海外でアルバイトや就職をする場合、良いレジュメを作ることが、希望の仕事につく近道となります。

このページでは、ワーキングホリデーで現地就職や現地で良いアルバイト先を見つけられるようにレジュメの作り方や書き方を詳しく紹介します。

日本語訳付きの例文やテンプレートも一緒に紹介していますので参考にしてください。

※ワーキングホリデーのビザ申請時に提出するレジュメは簡単なもので良いので「必要書類準備|IEC申請料・申請書類」もしくは、「ワーホリビザ申請用レジュメ(英文履歴書)テンプレート(Word版)」を参考にしてください。

目次

レジュメ/Résuméについて

レジュメのルール

レジュメの必修項目

職種別、レジュメ(英文履歴書)のサンプル

レジュメのテンプレート(ダウンロード可)

自分のレジュメをもっと良くするために

レジュメ/Résuméについて

レジュメ イメージレジュメ(英文履歴書)は日本の履歴書とは違って、決まったフォーマットがなく、書き方も内容も人それぞれです。

内容自体は、書類選考を通過するための大きなポイントになります。また、採用担当者は、多くのレジュメに目を通すため、『読みやすいように簡潔に書かれていること』や『目を通しただけですぐに理解できること』が重要です。

目に留まりやすいようにフォーマットを工夫することも効果的です。

レジュメ作成は、自分自身を振り返る良い機会にもなりますので、渡航前にレジュメをある程度作って、トロントでのワーキングホリデー生活に備えましょう。

レジュメのルール

日本の履歴書とは違い、自由度が高いレジュメですが、最低限のルールが存在します。

英語圏の方たちにとっては当たり前のことでも、英語を第二言語として学んでいる人にとっては、間違えやすいこともありますので、レジュメの作成時には注意が必要です。

文章は動詞から

すべての項目で書き始めは、動詞から行います。例えば、「~することができる」と書きたいのであれば、I am able to ~と書くのではなく、Be able to ~と書きましょう。

定冠詞、不定冠詞を省略

a/an, theなどの定冠詞、不定冠詞は省略しましょう。

人称代名詞を省略

I, me, you, they, their, we, usなどの人称代名詞は省略しましょう。

字体を指定

数字はアラビア数字(1234567890), 文字はTime New Romanもしくは、Arialを使うようにしましょう。

用紙サイズを北米仕様に

北米では、Letterサイズが一般的です。日本で印刷する場合は、A4などでも構いませんが、現地で印刷する場合は、Letterサイズになるので、ExcelやWork、PDFなどのファイルは、Letterサイズに設定をしておきましょう。

レジュメの必修項目

英文レジュメのフォーマットは決まってないと上記で説明しましたが、必ず必要な項目や情報を書く順番はある程度決まっています。

ここでは、オーソドックスな英文レジュメの必修項目について説明します。

1.Personal Date/Contact information

レジュメ personal information住所、氏名、電話番号、E-mailアドレスを記入する欄です。日本の履歴書とは違い、生年月日や性別の記載の必要はなく、顔写真も添付の必要はありません。

2.Objective

レジュメ 2.objective希望職種がある場合は、記載の必要があり、希望職種がなく、幅広く応募したい場合は、記載の必要はありません。双方にメリットとデメリットがあるため、自分の応募状況に合わせ、変える必要があります。

この項目を書く場合は、アピールしたい自分の能力と共に希望するポジションを明確に記載しましょう。

3.Skills/Profile

レジュメ prpfile専門知識や専門技術、長所、性格など、自分のアピールできることを記載する欄です。

専門的なことでなくても、仕事をする上で心がけていることや自信のある能力はこの欄に記載できます。

4.Work Experience/Experience

レジュメ work experience日本の履歴書とは違い、上から順に新しい職歴を書く必要があります。

正社員の職歴だけでなく、アルバイトやボランティアの経験も記載することができます。

行っていた業務の内容は出来るだけ細かく記載して、どのような経験や実績があるのかをアピールしましょう。

5.Education

レジュメ 5.education先方から求められない限り、最終学歴のみの記載でかまいません。

学校名、専攻科目、卒業した年・月は記載するようしましょう。

6. Visa Status

レジュメ visa tatusワーキングホリデーなど、ビザに期限に限りがある場合は、ビザの有効期限明記を求められる場合があります。

募集要項にビザの種類と有効期限がある場合は必ず記載しましょう。

職種別、レジュメ(英文履歴書)のサンプル

レジュメを書く時、言いたいことはなんとなくあるけれど、英語で書こうとするとなかなか表現するのが難しく、手が進まないかと思います。

レジュメの書き方、特に英語での表現方法は、いろいろあるのでサンプルを活用して、効率よく作成しましょう。

また、ウェブ上で応募する際は、募集側がフィルターをかける場合もあるので、出来るだけ多くのキーワードが入るように心がけましょう。

このページでは、カフェ・レストランのサーバーで働くためのレジュメ(英文履歴書)のサンプルを紹介しています。

このページでは、カフェ・レストランのキッチンで働くためのレジュメ(英文履歴書)のサンプルを紹介しています。

このページでは、アパレルなど小売業の販売スタッフとして働くためのレジュメ(英文履歴書)のサンプルを紹介しています。

レジュメのテンプレート(ダウンロード可)

レジュメ テンプレート 画像

◆テンプレート(Excel版)

 

◆テンプレート(Word版)

 

◇ワーホリビザ申請用テンプレート(Word版)
※ワーホリビザ申請用のテンプレートは項目が少なく簡単なものなので、就職などには適していません。

自分のレジュメをもっと良くするために

レジュメの書き方や例文などは、インターネットや書籍などいろいろなところから情報を得ることができます。

自分のレジュメをより良い物にするためにたくさんのサンプルを見たり、周りから評価を得たりして、定期的に更新することを忘れないようにしましょう。

オススメの書籍

Web上でレジュメの書き方を見てもいまいちわからないという方へオススメの本です。

そのような方は、日本で購入してくることをおすすめしますが、どうしてもというであれば、Amazonなど海外へ発送しているところもあります。

関連ページ

トロント・ワーホリのバイトと仕事の探し方

レジュメが出来上がったら、仕事やアルバイトに応募する準備は完了です。次に求人情報を見て、やりたい仕事を見つけ、応募しましょう。

このページでは、英語環境で働くための仕事探しの方法と仕事探しの手順を紹介しています。

トロントでのSIN(Social Insurance Number)の取得方法

トロントをはじめ、カナダでは、SINがなければ働くことができません。

このページでは、SINとは何か、SINの取得方法、トロントでのSINの取得場所を紹介しています。

そのまま使えるレジュメ(英文履歴書)の定型文とサンプル

-Contact Info(連絡先)編

-Objective(目的)編

-Skills/Profile(スキル/プロフィール)編

-Work Experience(職歴)編

-Education(学歴)編

-Visa Status(ビザ)編

これらのページでは、レジュメ(英文履歴書)のレストランのサーバーやキッチン、ショップ店員(販売)、ホテルスタッフなどの定型文とサンプルを各項目別に紹介しています。

そのまま使えるレジュメ(英文履歴書)の定型文とサンプル 

-サーバー編

-キッチンスタッフ編

-ショップスタッフ編

これらのページでは、職種別にレジュメ(英文履歴書)の定型文とサンプルを紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

このページへのご質問、コメントは、Facebookおよび、Twitterより受け付けております。

Facebook

※ご質問の場合は@Next.Step.Caをタグ付けしてコメントしてください。

Twitter

※ご質問の場合は@Next_Step_CAと該当ページのURLを付けたままツイートしてください。