留学準備

留学前、ワーホリ前に英語の勉強をするべき7つのワケ

最終更新日:2014/12/08

このエントリーをはてなブックマークに追加

カナダ・トロントに限らず、留学・ワーキングホリデーで海外に行く方は、日本にいるうちに出来るだけ英語を勉強していくことをおすすめします。

どうせ留学するんだし現地に行ってから勉強するから大丈夫!!と思っている方もいるかもしれませんがそんなことはありません。

日本で勉強してきたことで現地での生活が良い方向に進むことの方が確実に多いです。

このページでは、語学留学・ワーキングホリデーで海外に出る前に日本で英語を勉強した方が良いと言える7つの理由を紹介します。

1. 英語に慣れるまでが早い

日本にいると英語を話す機会が全くないので、いきなり海外に来ても英語を聞き取れず、何と英語で話していいかもわからず戸惑います。

学校の授業もすべて英語で行われるので、ついていくのにもやっと、慣れるだけで1か月~3か月ほどかかってしまいます。

しかし、日本でオンライン英会話でネイティブの人と話をしてきた人やラジオやインターネットでたくさんの英語を聞いてきた人は、慣れるまでの期間が短くなり、上達も早くなります。

2. 友達を作りやすい

初めての留学・ワーキングホリデーでいきなり英語でコミュニケーションをとる友達を作ることは、すごくハードルが高いことだと思います。

でも、日本で勉強した自信があれば留学・ワーホリ初日でもすぐに話しかけられますよね?

もし、オンライン英会話でネイティブと話したことがあったり、日本でランゲージエクスチェンジをしたことがあったら、自己紹介を英語でしたことがあると思いますし、自分のことを話したり相手の言っていることが少しでも理解できます。

一言話せれば、友達になるチャンスもその分増えますよ。

3. いろいろなことに早くから挑戦できる

ボランティア、インターンシップ、仕事など、挑戦したいことは英語を使うことばかりではありませんか?

現地で英語を勉強して一定レベルになったら何かに挑戦しようと思っていませんか?

もし、日本にいるうちにしたいことが決まっているのであれば、それが早く達成できるように少しでも英語を勉強しましょう。

現地に来てから英語の勉強を始めて渡航5ヶ月目に挑戦できたことが、英語を日本で勉強していたら渡航2ヶ月目に挑戦できたということになるかもしれません。

英語力があればあるほどやれることの選択枠も増えますよ。

4. 自分に合った英語の勉強方法がわかる

受験勉強を終えたばかりの大学生の人はそうではないかもしれませんが、社会人の方やあまり勉強をしてこなかった方は、どのように勉強したら効率よく頭に入るのかわかっていますか?

現地の語学学校に入ってから自分に合った勉強方法を見つけるまで時間がかかってしまいます。

語学学校に通いだして、2ヶ月目から勉強が進むようになったというより、通いだしてすぐに勉強がはかどる方が良いですよね?

自分に合う英語の勉強方法を見つけるには時間がかかるかもしれませんが、日本で試行錯誤した時間の分だけ現地での無駄な時間も減ります。

日本にいるうちにいろいろな勉強方法を試してみて、自分に合った英語の勉強の仕方を見つけましょう。

5. 勉強しなかったことを現地に行ってから後悔する

多くの人がカナダ・トロントなど、海外に来てからもっと勉強してこればよかったと思います。

それは、日本でたくさん勉強してきた人でも一緒だと思います。たくさん勉強してきた人は、後悔がある反面、少し勉強して良かったとも同時に思っているはずです。

せっかくの留学やワーキングホリデー、後悔はしたくありませんよね?

ほんの少しでも勉強して良かったと思えるようにしましょう。

6. 費用が抑えられる

留学の目的は人それぞれだと思いますが、児童教授法やビジネス英語など専門プログラムを受講したいという方も多いのではないかと思います。

専門プログラムの多くは、一定以上の英語力が必要となり、受講するために試験がある学校もあります。

せっかく目的があるのになかなかできないっていうのはつらいですよね?

日本で勉強してから渡航することで、基礎英語を学ぶ期間を短くでき、本来の目的のために多くのお金を費やせます。

7. 仕事が見つかりやすい

ワーキングホリデーで渡航される方に限るのですが、カナダ・トロントで仕事を見つけるためには、英語力とビザの期間が重要な要素になります。

語学学校に通う期間が長ければ長いほどビザの期限は少なくなり、採用してもらえる可能性が少なくなります。

ビザの期限が長い方が採用する側も長く働いてもらえるのでうれしいですよね?

ワーキングホリデーの目的が”現地で働くこと”であれば、日本で少しでも多く英語力を身につけて、語学学校に通う時間を短くすることをおすすめします。

 

最後に

留学・ワーキングホリデーの前に英語を勉強したくても時間がなく、取り組めない方もいるかもしれません。

そんな方はダメと渡航を諦めるのではなく、一日10分でも良いので洋画を見たり、英語のラジオを聴くなど小さなことから始めてください。

その小さなことの積み重ねが海外生活での自信となり、人とは違うワンランク上の留学・ワーホリ生活になると信じています。

 

関連ページ

このページでは、英語力をつけるために大切で誰でもできる習慣を紹介しています。

日本にいながらできる英語の学習方法を無料でできることを中心に紹介しています。

毎日の通勤・通学の時間や空いた時間にできるおすすめの勉強方法をまとめました。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

このページへのご質問、コメントは、Facebookおよび、Twitterより受け付けております。

Facebook

※ご質問の場合は@Next.Step.Caをタグ付けしてコメントしてください。

Twitter

※ご質問の場合は@Next_Step_CAと該当ページのURLを付けたままツイートしてください。