留学準備

カナダ・トロントへ現金はいくら持っていく? ~留学・ワーホリのお金の持って行き方~

最終更新日:2015/03/01

このエントリーをはてなブックマークに追加

カナダ・トロントをはじめ、海外へ行く際に現地の通貨は、少なからず持って行くと思います。

しかし、多く持って行くのは、何かあったら危険ですし、少なすぎるのも不安でいくら持って行けばよいかわからないと思います。

そこで、このページでは日本でカナダドルをいくら両替して、いくらほど現金を持って行けばよいのかご説明します。

送金や国際キャッシュカードなど、現地で使うお金の持って行き方は、「留学・ワーホリ前に必ず確認!海外へお金を持っていく方法」を参考にしてください。

現地に到着した初日には、どんな出費がある?

クレジットカードを使う方、デビットカードを使う方、送金をする方などお金をどのように持って行くかは人それぞれだと思います。

しかし、留学・ワーキングホリデーの初日は、両替やATMを使う余裕がなく、多くの方が日本から持って行った現金を使います。

そこで、初日の出費を考えれば、おのずと用意しなければいけない現金がわかってきます。

●交通費

空港から滞在先へ移動するためには、地下鉄やバスのTTC代、もしくは、タクシー代が必要となります。

  • ・TTC代・・・3ドル ※空港からはバスを乗り継ぎますが、お釣りが出ませんので空港内の売店などで小銭を用意してください。
  • ・タクシー代・・・60ドル~

詳しくは「トロント空港から市街までのアクセス方法」を参考にしてください。

●雑費

その他費用として、ホームステイ先に着くまでに、空港などで飲み物や軽食を購入する可能性があります。

ただし、この費用は、人それぞれですので、20ドル程あれば、十分だと考えられます。

初日に必要なお金まとめ

初日に必要なお金は、交通費と雑費だけです。もし、現地で口座を開設して送金をするまでは、クレジットカードや国際キャッシュカードを使うという方は、初日に必要な現金(カナダドル)さえあれば、大丈夫だと考えられます。少し多めに持って行くとしても200ドルもあれば、十分でしょう。

口座開設して送金が完了するまでは、現金で過ごすという方は・・・

クレジットカードや国際キャッシュカードは使わず、口座を開設して送金をして、そのお金だけを使いたいという方も多いかと思います。

そんな方は、送金が完了するまでの期間を現金で生活しなければなりません。

方法は、日本で両替をしてカナダドルを持ってくる方法と現地で日本円をカナダドルに両替する方法です。両替についてはこちら「」を参考にしてください。

ここでは、送金が完了する2週間を目安に必要な費用を紹介します。

●食費

◆ホームステイの場合

ホームステイをする方の大半は、2食付きのプランを選んでいるかと思います。2食付きのプランの場合は、昼食が付かないので、学校での昼食費がかかります。

  • ・約10ドル×14日分=140ドル

◆シェアハウス・ホテルなど、ホームステイ以外の場合

シェアハウスやホテルなど、ホームステイ以外の滞在方法を選んだ方は、3食分の食費が必要となります。

また、自炊をするか、外食をするかでも大きく変わってきます。

  • ・約15ドル~30ドル×14日分=210ドル~420ドル

●交通費

毎日学校に行く場合、多くの方がTTCの地下鉄やバスを利用します。

月初めであれば、1か月間使えるマンスリーパスがオススメですし、月の中旬であれば、1週間使えるウィークリーパスを買うことをオススメします。

  • ・ウィークリーパス・・・39.25ドル 40.75ドル×2週間分=78.5ドル 81.50ドル
  • ・マンスリーパス・・・133.75ドル 141.50ドル
  • ・現金・・・3ドル/1回×20回(10日分の往復)=60ドル

※2015年3月1日に料金改定が行われました。

●交際費

これも個人差が大きくなりますが、学校でできた友達と遊びに出かけたり、お酒を飲みに行く場合、必要となります。

  • ・約50ドル~200ドル

●滞在費(家賃など)

ホームステイの場合は日本にいるうちに支払いを済ませてあると思いますので必要ありませんが、シェアハウスやホテルに滞在する場合は必要となります。

◆ホームステイの場合

  • ・必要なし

◆シェアハウス・ホテルなど、ホームステイ以外の場合

  • ・家賃1か月分・・・400ドル~600ドル
  • ・入居時のデポジット・・・400ドル~600ドル

シェアハウスの費用について詳しくは、「トロントでの滞在方法とその費用」を参考にしてください。

まとめ

ホームステイをする場合とシャアハウスやホテルに滞在する場合で必要な現金の量は大きく異なります。また、日本からの送金が完了するまでにクレジットカードや国際キャッシュカード、デビットカード、プリペイドカードを利用するか否かでも大きく変わってきます。

●クレジットカードや国際キャッシュカードなどを利用する場合

初日に必要な費用分の現金さえ持っていれば、後は送金が完了するまでクレジットカードを使ったり、国際キャッシュカードやデビットカード、プリペイドカードから現金を引き出せば良いので、たくさんの現金を持って行く必要はありません。

目安:200ドル

デビットカードは「楽天銀行」、プリペイドカードは「Money T Global」などがオススメです。その他「留学・ワーホリ前に必ず確認!海外へお金を持っていく方法」や「留学・ワーホリにオススメのクレジットカード」も参考にしてください。

●送金が完了するまでの間も持って行く現金でまかなう場合

◆ホームステイの場合

目安:500ドル~700ドル

◆シェアハウス・ホテルなど、ホームステイ以外の場合

目安:1300ドル~1900ドル

関連ページ

どこで両替をするのが一番お得かを紹介しています。

海外へお金を持って行く方法をまとめました。

海外での生活に欠かせない、おすすめのクレジットカードをまとめました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

このページへのご質問、コメントは、Facebookおよび、Twitterより受け付けております。

Facebook

※ご質問の場合は@Next.Step.Caをタグ付けしてコメントしてください。

Twitter

※ご質問の場合は@Next_Step_CAと該当ページのURLを付けたままツイートしてください。