Next Stepブログ ~トロントのあれこれ~

定員は6500人!2015年カナダ・ワーホリの申請が始まりました!

- 2015/04/23 - Next Stepブログ まとめ ニュース 留学準備

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、トロント時間の午後5時に2015年のカナダ・ワーキングホリデーの申請がスタートしました。

今回は、2015年のワーキングホリデーの概要と申請手順をまとめましたので、ワーホリを検討している方は参考にしてください。

WH

※上の画像をクリックするとCICのページへ移動します。IMAGEはスクリーンショットを利用しました。

2015年の定員は6500人

申請が始まるのと同時に定員の発表もされました。定員は6500人と昨年と同じ定員数です。

カナダ・ワーキングホリデーの概要

カナダにワーキングホリデーをするためには、一定の条件があります。その条件は、CICのサイトにありますので、順に説明したいと思います。

1. 日本人であること

まず、はじめにここでは日本とカナダ間の制度であるワーキングホリデーであるため、日本人である必要があります。日本在住の外国籍の方は、国籍のある国のワーキングホリデーの制度をご確認ください。

2. 有効なパスポートを持っていること

カナダに滞在する予定の期間、有効なパスポートが必要となります。そのため、もうすぐパスポートの有効期限が切れる方は、パスポートの更新を済ませてから申請を行いましょう。

また、カナダに滞在している間にパスポートの有効期限を迎える方は、入国の際にパスポートの期限だけしか就労許可書が発行されない可能性がありますので、気をつけましょう。

3. 18歳以上31歳未満であること

申請時に18歳の誕生日を迎えている方で、31歳になっていない方が対象です。

この年齢は申請時の年齢であるため、申請をして許可通知書を受け取ってさえいれば、有効期限内に31歳になったとしてもワーキングホリデーで渡航することは可能です。

4. 2500ドル以上の資金を持っていること

5. 健康保険に加入していること

入国審査の時に健康保険や海外保険の証書の提示を求められる場合があります。

6. カナダに容認されること

7. 往復の航空券を持っているか購入できる資金を有していること

2015年から申請の必要書類に航空券のチケットのコピーか旅行日程を提出する必要があるように変わりました。

8. 扶養家族を同行させないこと

9. 申請の資金を支払えること

2015年から申請料が100ドル追加で必要となり、合計で250ドルの申請料が必要と変更になりました。

本文はこちら

Determine your eligibility

Note: As a Japanese citizen, you may participate in IEC only once.
To be eligible for the Working Holiday category, you must:

・be a Japanese citizen,
・have a valid Japanese passport for the duration of your stay in Canada – your work permit in Canada will not be longer than the validity of your passport,
・be between the ages of 18 and 30 (inclusive) at the time of application,
・have the equivalent of C$2,500 to help cover your expenses,
・be able to take out health insurance for the duration of your stay – you may have to present evidence of this insurance when you enter Canada,
・be admissible to Canada,
・have, prior to departure, a round-trip ticket or the financial resources to purchase a departure ticket for the end of your authorized stay in Canada,
・not be accompanied by dependents and
・pay the fees.

申請の手順のおさらい

申請の手順は、大まかに分けて2つのステップがあります。

STEP1 KompassでのIEC申請

まず初めに、KompassというオンラインシステムでIEC(ワーキングホリデー)に参加する資格があるかのチャックを行います。ここで、IECの費用150ドルの支払いがあります。

→ IECの許可レターを受け取る

申請が完了すると2週間以内にConditional Acceptance Letter (CAL)という許可書を受け取ります。また、この許可書は1週間の有効期限であるため、すぐにSTEP2を完了させなければなりません。

STEP2 MyCICでワーキングホリデーの就労許可書を申請

STEP1で受け取ったCALやいくつかの書類を添付して、就労許可書の申請を行います。ここでは、就労許可書の申請費用として、100ドルが必要です。

→ 就労許可通知書を受け取る

許可通知書を受け取ったら、期間内(受け取りから1年間)に渡航しましょう。

 

申請方法や申請書類について詳しくは「カナダ・ワーキングホリデー申請手順まとめ」や「CICのホームページ」を参考にしてください。

 

【関連記事】

カナダ・ワーキングホリデー今年度(2015年)の変更点まとめ(ブログ)

カナダ・ワーキングホリデー申請手順まとめ(留学準備)
-ワーキングホリデー・ビザ取得のための申請手順をまとめています。(2014年の手順をベースに2015年の変更点を追記)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

このページへのご質問、コメントは、Facebookおよび、Twitterより受け付けております。

Facebook

※ご質問の場合は@Next.Step.Caをタグ付けしてコメントしてください。

Twitter

※ご質問の場合は@Next_Step_CAと該当ページのURLを付けたままツイートしてください。