Next Stepブログ ~トロントのあれこれ~

2015年ワーホリの申請が始まる前にしておきたいこと

- 2015/04/10 - Next Stepブログ 留学準備 英語

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年4月20日追記 4月23日追記
CICのWebサイト上で4月23日(木)にカナダ・ワーキングホリデーの申請が始まるというアナウンスがありました。詳しくは、ブログ記事「定員は6500人!2015年カナダ・ワーホリの申請が始まりました!」もしくは、「【重要】2015年のカナダ・ワーキングホリデーが始まります。」を参考にしてください。


 

2015年のカナダ・ワーキングホリデー、今週も開始のアナウンスはありませんでした。今回は、そんな今だからこそしてほしい、申請が始まるまでの間にできることをまとめました。

何もせずにただCICからのアナウンスを待つだけでは時間が勿体ないです。何もできない今だからこそ、ゆっくりと時間を使ってできることがありますので、この記事を参考にして行動をして頂きたいと思います。

ワーキングホリデーの申請書類を準備

2015年の申請自体は始まっていませんが、申請が始まると同時に申請ができるように申請に必要な書類を確認して、申請書類を準備しておくことで、スムーズに申請を進められるようになります。

2015年の申請が開始されると同時にたくさんの方が申請を行い、許可通知書が発行されるまでの期間が通常よりも長くなる可能性がありますので、急いでいる方は早めに申請を完了させましょう。

今から準備をしておける書類の一覧

●IEC申請用の書類

・パスポートのコピー
・レジュメ(英文履歴書)

※IEC申請用書類の書き方や詳細については、「IEC申請料・申請書類 ~カナダ・ワーホリのビザ申請~」を参考にしてください。

●MyCIC申請用の書類

・就労許可申請書【IMM1295E】
・家族構成フォーム【IMM5707】
・パスポートのコピー
・証明写真
・レジュメ(英文履歴書)
・Itinerary, Travel(航空券のコピーもしくは、渡航計画書)

※MyCIC申請用書類の書き方や詳細については、「MyCIC申請書類準備 ~カナダ・ワーホリのビザ申請~」を参考にしてください。

現地での就活用のレジュメ(英文履歴書)

ワーキングホリデーの申請用のレジュメとは別にアルバイトや仕事をするためにはレジュメ(英文履歴書)が欠かせません。希望するアルバイト・仕事先で働くためには、良いレジュメ(英文履歴書)を作ることが必須条件となります。

ワーキングホリデーの申請時にもレジュメ(英文履歴書)が必要となりますが、簡単な物になりますので、申請書類とは違う現地でアルバイト・仕事を探すためのレジュメを作成しておきましょう。

レジュメ作成時の注意点

●レジュメは日本の履歴書とは別物

北米のレジュメ(英文履歴書)は、日本で使う履歴書とは、全く違います。そのため、ルールを理解して、北米のスタイルのレジュメ(英文履歴書)を作る必要があります。

●レジュメには必須項目がある

レジュメは、フォーマットや内容など、日本の履歴書に比べて自由度が高いのが特徴です。ただし、最低限、書いておくべき項目があるので、ポイントを押さえておきましょう。

※レジュメ(英文履歴書)のルールや必須項目については、「ワーホリ必見!!書類選考に通過するレジュメ(英文履歴書)の書き方・作り方」を参考にしてください。

英語の勉強

ワーキングホリデーでカナダ・トロントに来て英語を勉強する人でも日本である程度の英語力を付けて渡航した方が生活の選択枠が増えます。

ワーキングホリデーの申請が出来ず、渡航予定が決まっておらず何もできないんじゃないかと思っている方でも、英語の勉強は誰でもできます。何もできない今だからこそ勉強の時間を作って英語を少しでも学んではいかがですか?

英語の勉強を始める前に確認すべきこと

●なぜワーホリ前に英語を勉強する必要があるのか

留学やワーホリ前に英語の勉強が必要なのは、下記のような理由があります。

・英語に慣れるまでが早くなる
・友達を作りやすい
・自分に合った英語の勉強方法がわかる
・勉強しなかったことを現地に行ってから後悔する
・費用が抑えられる
・仕事が見つかりやすい

※詳しくは「留学前、ワーホリ前に英語の勉強をするべき7つのワケ」を参考にしてください。

●日本でもできる英語の勉強方法

・オンラインや参考書を使い自己学習
・オンライン英会話、英会話教室

※英語の勉強方法については「留学前・ワーホリ前の英語の勉強方法まとめ」を参考にしてください。

●英語を習得するには習慣が必要

英語を勉強する時に忘れてはならないのが英語の勉強を習慣化させ継続することです。
そのためには、

・英語の勉強を楽しむ
・毎日英語に触れる
・英語の勉強はマイペースに続ける

などが大切になります。

※詳しくは「英語力を向上させるために必要な7つの習慣」や「毎日飽きずに続けられるオススメの英語学習」を参考にしてください。

トロントの情報を収集

カナダ・トロントで生活するために、現地の情報を収集して、海外での生活をイメージしておくことが大切です。

また、現地に到着してからしなければいけないことを整理しておけば、混乱せずに落ち着いて海外生活をスタートさせることができます。

トロント到着後、すぐにしなければならないこと

●到着時

・入国審査
・空港からの移動

詳しくは、「入国手続きの仕方と税関申請書の書き方」や「ピアソン国際空港から市街までのアクセス方法」を参考にしてください。

●到着から1か月

・携帯電話購入
・銀行口座開設
・運転免許書の書き換え
・SINの取得
・在留届提出

詳しくは、「トロント情報」のページを参考にしてください。

トロントで生活するために必要な情報

・仕事探しの仕方
・シェアハウスの探し方

詳しくは、「トロント・ワーホリのバイトと仕事の探し方」、「シェアハウスの探し方」を参考にしてください。

その他にもトロントを満喫するために「トロント体験」や「グルメ/フード(ブログ)」を見て、トロントでの生活を想像してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ワーホリの申請が始まっておらず、時間があるからこそできることもたくさんあります。

申請が始まるまでは、焦ってもしょうがないので、時間を有意義に使って申請を待ちましょう。

 

【関連記事】

カナダ・ワーキングホリデー 2015年の変更点まとめ

2015年のカナダ・ワーキングホリデーいつ開始される!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

このページへのご質問、コメントは、Facebookおよび、Twitterより受け付けております。

Facebook

※ご質問の場合は@Next.Step.Caをタグ付けしてコメントしてください。

Twitter

※ご質問の場合は@Next_Step_CAと該当ページのURLを付けたままツイートしてください。