Next Stepブログ ~トロントのあれこれ~

2015年のカナダ・ワーキングホリデーいつ開始される!?

- 2015/03/10 - Next Stepブログ ニュース 留学準備

このエントリーをはてなブックマークに追加

※2015年 4月20日追記 4月23日追記
CICのWebサイト上で4月23日(木)にカナダ・ワーキングホリデーの申請が始まるというアナウンスがありました。詳しくは、ブログ記事「定員は6500人!2015年カナダ・ワーホリの申請が始まりました!」もしくは、「【重要】2015年のカナダ・ワーキングホリデーが始まります。」を参考にしてください。


 

2015年のカナダ・ワーキングホリデー(IEC)は、3月10日現在、オーストラリアや韓国など、一部の国(地域)では始まっているものの日本や他の多くの国ではまだ開始されていません。

一部の国で始まっていることを考えると順に各国で始まり、日本でも近日中に申請が始まると予想されます。

渡航する予定時期が近づいている方はヤキモキしているのではないでしょうか?

今回は、2015年のカナダ・ワーキングホリデーの申請開始時期、渡航を早くしたい方がどうすべきなのか、情報を素早く受け取る方法などを紹介したいと思います。

2015年のカナダ・ワーキングホリデーの変更点は「カナダ・ワーキングホリデー、今年度(2015年)の変更点まとめ」を参考にしてください。

 

申請時期が遅くなった経緯

2015年1月中旬にCICのIECのページで申請開始時期が2月中旬以降になるという文章が発表されました。※現在は、一部の国(地域)で申請が始まっているため削除されています。

The International Experience Canada (IEC) 2015 season will not open before mid-February 2015. – International Experience Canada(CIC)より

 

例年は、1月中旬には申請が開始されていましたが、3月10日現在、日本を対象としたIEC(ワーキングホリデー)は開始されていません。

 

渡航予定時期が近づいている人はどうすべきか

渡航する予定が近づいてきている方は、ワーキングホリデー(IEC)の申請が始まっていないため、何らかの方法で対処する必要があります。

一般的にワーキングホリデー(IEC)は、申請から許可書を取得できるまで約6週間、最長で8週間かかってしまいます。そのため、渡航予定日が8週間を切ったら、そのまま待っているだけではいけませんので、どうすべきかを考え、行動しなければなりません。

ここでは、渡航時期が近づいている方は、どのように対処すべきなのかを紹介します。

● 渡航時期を遅らせる

一番単純な方法ですが、渡航時期を変更することが一番容易な方法です。

ただ、この方法は、帰国時期が決まっていない方にとっては良いのですが、帰国しなければいけない時期が決まっている方にはあまりお勧めできません。

大学を休学して留学する方や仕事を休職して留学する方は、現地に滞在できる期間が限られているため、渡航時期を遅らせれば遅らせるほど、滞在が可能な期間は短くなってしまいます。

ただ、帰国しなければいけない時期が決まっている方でも仕事やインターンシップをすることが留学の目標・目的で語学学校には通う予定はないという方は、無理に留学中のプランを変更する理由がありませんので、この方法が一番良いかと思います。

この方法が向いている方

・帰国予定日が決まっていない

・語学学校には通う予定がない

・帰国予定日は決まっているが語学学校には通わず渡航後すぐにインターンシップやアルバイトなど仕事をする

● 観光ビザで渡航して現地でワーキングホリデーに切り替える

観光ビザで渡航して、現地でワーキングホリデーへ変更すれば、渡航時期を遅らせる必要はなくなります。

ただ、観光ビザで入国するには、往復の航空券を持っている必要があり、ビザ変更の際に一度カナダ国外に出て再入国する必要がありますので、費用が余分にかかってしまいます。

ただ、この方法だと、日本でのビザ申請の必要がありませんので、渡航日は予定した時期そのままでよく、現地でワーキングホリデーに切り替えた直後からであればすぐに働くこともできます。

また、語学学校に2~3か月通うのであれば、観光ビザでも就学できますので、学校に通ううちは観光ビザ、就学期間が終わるころにワーキングホリデーに切り替えれば、フルタイムで働ける期間が長くなります。

この方法が向いている方

・帰国予定日が決まっていてできるだけ長く滞在したい

・語学学校に通う予定がある

・留学の目標・目的はインターンシップやアルバイトなど仕事をすること

● 学生ビザで渡航する

学生ビザで渡航してワーキングホリデーに現地で変更することも可能です。

ただ、学生ビザからワーキングホリデーに変更する場合も一度カナダ国外に出て再入国する必要があるのであまりお勧めできません。

また、6か月未満の就学予定であれば、わざわざ学生ビザを申請することは時間や手間もかかってしまうため、「観光ビザからワーキングホリデーへの切り替え」を検討した方がよいでしょう。

学生ビザであれば留学のプランを語学学校で学ぶことを中心に変更することをオススメします。

学生ビザのみを利用して渡航した場合、語学学校が中心の留学生活になりますが、将来もう一度カナダで生活をしようと思っている方や短い期間のためにワーキングホリデー制度を使うのはもったいないと思う方には最適な選択だと思います。

この方法が向いている方

・留学のプランを変更しても良い

・帰国予定日が決まっており、将来ワーキングホリデーを利用する可能性がある

・短い期間のためにワーキングホリデーを利用するのがもったいないと思う

 

いつ申請がはじまる!?

この記事を見ている方はいつ申請が始まるのかが一番気になるところだと思います。

しかしながら、これは誰もわからないことで、CICからの発表を待つしか方法がありません。

ただ、オーストラリアや韓国など、一部の国(地域)ではすでに申請が始まっているのでそろそろ始まるのではないかと予想することはできます。

申請時期の発表はCICのWebサイト上で発表されますので注意深くこまめにCICのWebサイトをチェックしてください。

※CICのIEC(ワーキングホリデー)のページ:http://www.cic.gc.ca/english/work/iec/index.asp

 

申請開始日のチェック方法

申請が始まる日を素早く確認する方法を紹介します。一日でも早く申請をしたい方は参考にしてください。

● Next Stepからのお知らせを受け取る

Next Stepでは、申請が始まる日がわかり次第、TwitterやFacebook、このブログでお知らせをする予定です。素早く情報を得たいという方は、TwitterやFacebookなどをフォローしておいてください。

 

● CICのサイトで自分で調べる

CICのIEC(ワーキングホリデー)についての情報は誰でもインターネット上で見ることができます。ここでは、どのようにチェックをすればよいか説明しますので、順番にしてみてください。

1. CICのIEC(ワーキングホリデー)のページにアクセス

http://www.cic.gc.ca/english/work/iec/index.asp

をクリックして、CICのIEC(ワーキングホリデー)のページにアクセスをします。

2. 国、カテゴリーを選択

CICのIEC(ワーキングホリデー)のサイトを見ると、国とカテゴリーを選ぶことができますので、下記のように国:Japan(日本)、カテゴリー:ワーキングホリデーを選んでください。

CIC

※画像をクリックするとIECの国、カテゴリーを選択するページに移動します。

3. 申請開始日や申請が始まっているかを確認

国、カテゴリーを選択して、Goをクリックすると日本の申請がスタートしているかどうか、詳細を確認することができます。

現在(3月10日)は、下記のようにワーキングホリデー・カテゴリーがクローズされています。

IEC

※画像をクリックするとCICの国:日本、カテゴリー:ワーキングホリデーのページへ移動します。

4. 申請が始まるとどうなる?

申請開始時期が決まると下記のように開始される日時と時間(日本時間・カナダ時間)が発表され、申請が始まるとStatusが「This category is now open.」と開始されていることが明記されます。

※下記の画像はすでに開始されているオーストラリアのワーキングホリデーの詳細です。日本の開始時期発表の際は、文章や表示が異なる可能性がありますのでご注意ください。

IEC AUS

 

現在までに開始されている国と地域 ※2015年4月20日追記

現在までにカナダ・ワーキングホリデーの申請が始まっている国と地域は30か国中5か国です。この一覧は、申請が開始されている国と地域、開始日をまとめました。

クロアチア

開始日:2/24

オーストラリア

開始日:3/3

韓国

開始日:3/12

オランダ

開始日:3/10

イギリス

開始日:3/12

フランス

開始日:3/31

ニュージーランド

開始日:4/2

ドイツ

開始日:4/9

アイルランド

開始日:4/14

日本

開始日:4/23

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

現在、申請開始の発表もなく、どうしようもない状況ではありますが、自分に一番合う選択をして、このまま申請が始まるまで待つのかどうかを考えてみてください。

また、申請が始まるのを待ち、ワーキングホリデーで渡航することを決めている方は、申請開始と同時に申請を行うことで少しでも早く渡航できると思いますので、こまめに情報収集をしてくださいね。

 

【関連記事】

2015年ワーホリの申請が始まる前にしておきたいこと(ブログ)

カナダ・ワーキングホリデー今年度(2015年)の変更点まとめ(ブログ)

カナダ・ワーキングホリデー申請手順まとめ(留学準備)
-ワーキングホリデー・ビザ取得のための申請手順をまとめています。(2014年の手順をベースに2015年の変更点を追記)

必要書類準備|IEC申請料・申請書類(留学準備)
-IEC申請に必要な書類をまとめています。(2014年の手順をベースに2015年の変更点を追記)

MyCIC申請書類準備(留学準備)
-MyCIC申請に必要な書類をまとめています。(2014年の手順をベースに2015年の変更点を追記)

カナダのビザ(留学準備)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

このページへのご質問、コメントは、Facebookおよび、Twitterより受け付けております。

Facebook

※ご質問の場合は@Next.Step.Caをタグ付けしてコメントしてください。

Twitter

※ご質問の場合は@Next_Step_CAと該当ページのURLを付けたままツイートしてください。