Next Stepブログ ~トロントのあれこれ~

関空-トロント間が近くなる!?エア・カナダのルージュとは

- 2015/03/04 - Next Stepブログ ニュース 留学準備

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、大阪(関西国際空港)とバンクーバー間を結ぶ新たな飛行機の路線が発表されました。その名は「ルージュ」、運行開始は「5月2日」からのようです。

今回の記事は、その「ルージュ」についてです。「ルージュ」とは何か、また、「関空―トロント間でも使うべきか」を検証し、紹介したいと思います。

 

【目次】

・ルージュとは!?
・関西国際空港―バンクーバー間のルージュのスケジュール
・関西国際空港-トロント間の移動方法
・関西国際空港-トロント間はルージュを使うべき!?
・まとめ

 

ルージュとは?

エアカナダ ルージュ

http://www.aircanada.jp/rouge/KIX/

2013年7月1日から運航を開始したエア・カナダの格安航空会社(LCC)です。トロントのピアソン国際空港を拠点として、今回の関西―バンクーバー間をはじめ、ヨーロッパ・カリブ海へのレジャー路線を展開しています。

エア・カナダ国際線とは違い、エア・カナダ・ルージュ路線の機材には個人用テレビやイヤホンジャックが搭載されていないようです。代わりとなる機内エンターテインメントは、持ち込みのパソコンやモバイル端末(iPhone、iPad、iPod、Android)にアプリをダウンロードすることで利用することができます。

もし、パソコンやモバイル端末がない場合、機内で有料(10カナダドル)でiPadの貸し出しも行っているようです。また、機内に座席電源がないため、端末を持ち込んで使用する場合は、端末を事前に充電しておく必要があります。

LCCではありますが、飲み物と機内食のサービスは無料で受けることができ、アルコール類は有料にて飲むこともできます。

関西国際空港―バンクーバー間のルージュのスケジュール

スケジュール

http://www.aircanada.jp/rouge/KIX/schedule/

就航期間

2015年5月2日から2015年10月24日までの期間限定で就航される予定となっています。

運行スケジュール

便名 運航日 出発地・時間 到着地・時間 所要時間
AC1952 月・火・水・木・土 関空・16:25 バンクーバー・10:00 9H35M
AC1951 >月・火・水・金・日 バンクーバー・12:05 関空・14:55(翌日) 10H50M

関西国際空港-トロント間の移動方法

https://goo.gl/maps/4ZvT9

エア・カナダなどスターアライアンスグループの主な関西国際空港―トロント間の乗り継ぎ方法です。関西国際空港からトロントはバンクーバーもしくは、羽田、成田(冬季期間は運休)で1回乗り換える路線が主な方法です。

関空―バンクーバー―トロント

関西国際空港からバンクーバー:エア・カナダ ルージュ AC1952

バンクーバー―トロント間:エア・カナダの国内線がたくさん運行しています。詳しくはこちら

バンクーバーから関西国際空港:エア・カナダ ルージュ AC1951

関空―羽田―トロント

関西国際空港―羽田:ANAやエア・カナダとの共同運航便をはじめ、たくさんの国内線が運行しています。

羽田からトロント:エア・カナダ AC006

トロントから羽田:エア・カナダ AC005

関空―成田―トロント

関西国際空港―成田:ANAやエア・カナダとの共同運航便をはじめ、たくさんの国内線が運行しています。

成田からトロント:エア・カナダ AC002

トロントから成田:エア・カナダ AC001

※この路線は冬季期間中は運休しています。

関西国際空港-トロント間はルージュを使うべき!?

結論から言うと、関西国際空港―トロント間ではルージュは使うべきではありません。羽田(成田)-トロント間の直行便を使うべきです。

その理由は、価格がそこまで変わらないLCCは長距離のフライトに不向きであるためです。

価格がそこまで変わらない

エア・カナダのホームページで価格を調べたところ、「関空―バンクーバーでエア・カナダ ルージュ、バンクーバー―トロントでエア・カナダ」を利用した時の価格と「関空―羽田でジェットスター・ジャパン、羽田―トロントでエア・カナダ」を利用した時の価格は同じでした。

価格の詳細はエア・カナダのホームページやスカイスキャナーなど航空券検索サイトから確認してみてください。

LCCは長距離のフライトに不向き

LCCは一般的に座席のスペースを削ったりサービスの簡略化で効率を上げてコストを抑えています。

長距離のフライトだと価格面でのメリットがない限り、使う意味はありません。

日本の国内線でLCCを利用して国際線はエア・カナダを利用と国際線のみLCCを利用した時を比べるとどちらの方が乗りたいと思いますか?断然国内線はLCCで国際線はエア・カナダの方が快適だと思います。

まとめ

いかがでしたか?

LCCで関西国際空港とトロントを結ぶ便があれば一番良いのですが、なかなか運行はしてくれなさそうですよね。

もし、関西国際空港からトロントへ1回の乗り継ぎで来たいという方は迷わず「関空―羽田(成田)-トロント」を選びましょう!

価格重視でしたら2回の乗り換えの方が安いと思いますので、いろいろと探してみてくださいね。

※画像はエア・カナダのルージュ特設サイトのスクリーンショットを利用しました。

【関連記事】

格安航空券を簡単比較!Skyscanner(スカイスキャナー)でお得に渡航(ブログ)

日本-トロント間のお得な航空券の買い方(留学準備)

航空券の種類と専門用語(留学準備)

トロント・バンクーバー間の移動方法まとめ ~カナダ国内の移動~(トロント情報)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

コメント

このページへのご質問、コメントは、Facebookおよび、Twitterより受け付けております。

Facebook

※ご質問の場合は@Next.Step.Caをタグ付けしてコメントしてください。

Twitter

※ご質問の場合は@Next_Step_CAと該当ページのURLを付けたままツイートしてください。